« 明日は高校生クイズ | トップページ | 山梨県の新駅舎巡りと新駅名標探しの旅 »

2008年9月 5日 (金)

高校生クイズが終わって

「高校生クイズ」、終わりました~。
仕事が少しだけ長引いたため、後藤が見たのは準々決勝から。
ネタバレ防止のため、机上の空論気味に感想を書かせていただきます。

まず、感じたのは「知力偏重が甚だしい」ということ。
これは古くからの高校生クイズ&ウルトラクイズファンは違和感を覚えたと思います。

「高校生クイズ」はそもそも「知力」「体力」「運」のすべてが揃っているからこそ日本一になれるクイズ番組だったはずです。
大会によっては、チーム3人がバラバラになって「知力」「体力」「運」それぞれを競い合う回もありました。
とは言え、必ずこの三要素を飛び越えた挑戦者が出てくるから面白いのですが。

今年は知力日本一を決めるため、全国大会序盤で多くの高校を振り落としました。
これは、後々のチェックポイントを想定し、最難関レベルの学力に達しない高校を落とすためのギミックだったと思われます。
その証拠に、勝ち残った高校の学力の高いこと高いこと(メンバーたちは勿論のこと、高校のネームバリューも高いところばかり)。
さらに言うと、今年は出題ジャンルの偏りも目立ちました
学校の勉強の延長や雑学が多く、そして芸能・音楽問題が少なかったため、いわゆる学力上位者にますます有利な展開となっていたように見えました
(えてして芸能問題に強い挑戦者がナイスなキャラクターを持つことが多いだけに、テレビ的に痛いです……)

このような知力偏重を続けるとなると、日本トップレベルの学力がないと戦えないということになり、あまりに厳しいです
ちなみに、この場合の「厳しい」とは、「普通の高校生が戦えないため、参加者減少を招き、大会の維持が困難となる」ということを主に意味します。
こうなると、勝ち残る高校とメンバーが必然的に固定化され、新鮮さがなくなります。
また、レベルの高過ぎる問題は一般の視聴者を置き去りにし、民放の生命線とも言うべき視聴率の下落につながる危険を孕みます
毎年どんなメンバーが出てくるか分からない、どの学校が勝つか分からない、というのが「高校生クイズ」の面白みだったのではないかなぁ、と思います。
(慣れてくると、常連で出場する東大寺学園、米子東、ラ・サール、浦和、筑波大駒場がどこまで残るか、という見方も覚えますけどね)

ここで、先立たれてしまった兄弟番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」と重ね合わせて考えてみましょう。

「ウルトラクイズ」は極端な話、運だけで海外に出られるクイズ番組でした。
東京ドームの○×クイズに始まり、成田空港のジャンケン、グァム行き機内の3択ペーパークイズ、そしてグァムの突撃○×泥んこクイズ、と、ここまで一問一答クイズは基本的にありません。
言い換えれば、グァムの次のチェックポイント(大抵はハワイ)までは運だけでも行くことができます
強いて言えば機内ペーパークイズは知力を求められますが、挑戦者の7~8割は通過できますので、よほどの強運があれば“島上陸”までは果たせるようにはなっています。
(まあ、東京ドームを通過すること自体がそもそも不可能に近いですが)

「高校生クイズ」も、○×クイズさえ乗り切れば誰にでもチャンスは開けてきます
その意味では○×クイズを乗り切る運があれば突き進めるのですが、近年はそうも行かず、学力の高い高校が知力で予選を突破するパターンが多くなってきているように見えます。
(出場校が減っているせいか、○×クイズの突破難度が下がり、地力のある高校が落ちにくくなっているのかもしれません)

また、どちらもお祭りのような独特の雰囲気があるクイズ番組なのですが、地方予選と全国大会のギャップがあまりに開きすぎているようにも見えます
「高校生クイズ」の地区予選は、純粋な早押しクイズで代表を決める関東地区以外はバリエーション豊かです。
これらは野外ロケだから成せるクイズ形式もあり、ロケオンリーだった「ウルトラクイズ」とある意味で共通の雰囲気を感じさせてくれます。
しかし、今年の高校生クイズ全国大会は完全スタジオ収録
これでは見た目にも面白くなく、ただの頭脳戦となってしまうため、絵的に退屈でもありました

以前は「全国大会=東京に上京する」ということを強調していたこともあり、東京近郊のいろいろなところでクイズを行っていました(必ずしも名所でクイズをやっていたわけではないですが)。
しかし、今年はその要素もなく、旅行というよりはただの収録のみになってしまっていたような気もします。
旅の合間に見せる挑戦者たちの表情が素晴らしいことは「ウルトラクイズ」も証明していました

……とりとめもなくなってきましたが、今後の高校生クイズに求めることは下記の事項です

ロケ中心の全国大会の復活!
「知力偏重」を捨て、「知力」「体力」「運」全てを求める大会に!
芸能問題を含めて、バランスのある出題を!

何も、テストでトップの人間ばかりが高校生クイズ日本一を争わなくてもよいと思いますよ
優勝するのはさすがに難しいですが、普通の人でもそれなりに勝ち残れるのが「ウルトラクイズ」であり「高校生クイズ」だったのですから。
その魅力を捨ててしまうのは、間口を狭めてしまうので残念でありません。

と言いつつ、僕はそこそこ楽しんでましたけどね。
ただ、昔みたいにテレビにかじりついてまで観たいとは思いませんでしたが……。

|

« 明日は高校生クイズ | トップページ | 山梨県の新駅舎巡りと新駅名標探しの旅 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>わ~☆様
仰る通り、かつては屋外ロケが多く、またドキュメンタリー的な撮り方もよくあったので、そのような印象をお持ちなのだと思います。
元々が「ウルトラクイズ」のスペシャル版が出発点なのでロケが多かったのだと思いますが、スタジオを飛び出してのクイズする方がやっぱり面白いですよね。

>ポニ萌え様
ラ・サールが序盤で負けること自体はそんなに驚くべきことではないかな、と思っています。
(そもそも進学校ばかりが残るわけではないですし、過去に全国大会のペーパーテストでラ・サールが敗退したこともあります)

問題の先読みへの対応としては、フリを変えるのも有効ですしペナルティを重くするのも手です。
「マイナスポイント」だけだと「100問間違えても100問連続正解すれば大丈夫」なので、無理な押し込みが可能になるんですね(このことは有名なクイズ対策本でも指摘されていました)。
「1回休み」や「不正解が一定数に達したら失格」というのもアリなのかもしれません。
まあ、早押しクイズって最終的には百人一首に近いものになってしまいますからね……。

ちなみに、高校生クイズで「泥んこクイズ」と言うと、「泥のプールの中を泳いで数メートル先の早押しボタンを押しに行く」クイズを指します。
これは九州大会決勝の定番クイズですが(有明海の干潟が会場)、一時期東北地区から優勝が続いた時は有明海の泥を福島駅前に持ち込み、東北大会決勝で泥んこクイズをやったこともありました。
また、富士山の裾野に泥プールを作って、全国大会準決勝で泥んこクイズをやったこともありました。
ここで負けたのは熊本と宮崎の高校でした(この年は九州大会で泥んこクイズがなかったため、体力のない子が残ったみたいで……)。

>真様
ご無沙汰しております~。
クイズならば、学校の勉強以外の問題も入れてほしかったですよね。
芸能・音楽問題に限らず、スポーツ問題もあっても良かったかもしれませんね。
昔はこんな感じではなかったですけどね~。
高校生クイズは制作スタッフが毎年変わるので、システムが大きく変わることはよくあるのですが、近年は裏目に出ることが多いです。

「ウルトラクイズ」もそうなのですが、「高校生クイズ」も単なるクイズ番組というよりは、クイズを下敷きにしたドキュメンタリーを志向していたんですよね。
だからクイズは難しすぎる必要はないし、高校生のありのままの姿が見える番組にすればいいと思うのですが……。

ロケがなくなったのは、ロケを目撃した人がクイズの結果をネットに書いてしまうから、ということもあるのかなあ……。

投稿: 後藤めたる | 2008年9月15日 (月) 07時38分

かなりお久しぶりです。
ホテルで友達と見てたんですが、
本当に学力重視って感じでしたね。
初めてじっくりみてみたんですけど、
「クイズ」と言うよりも「テスト」でしたね。
クイズならば、もっと面白い問題を入れて欲しいと思いますね。

投稿: 真 | 2008年9月 7日 (日) 18時58分

ま~波乱はラサールが一回戦で消えたくらい?
それにしても問題が完全に勉強ですね~!
何か問題先読みで当たっちゃうみたいな決勝は最低だった・・・。
マジアカみたいにですがみたいな落ちで叩き潰してほしかった・・・。
高校生としては見た記憶が無いけど、ウルトラクイズみたいな罰ゲームやって欲しかったな~!
後は○×泥に特攻クイズみたいなので、決めたやるが外しらたアウトとか!
運と体力と言うのならば、ポールを立ててその下に埋めてある問題をもていって答えるとか!
当然問題にはスカもあり!
超タイムリーなサブカルチャーとか!
問題開ける前の回答者を決めるシステムとかで運だめしをやって欲しかった・・・。

投稿: ポニ萌え | 2008年9月 6日 (土) 01時59分

わたしはやってれば見る!程度なのですが今回は
「あれ?高校生クイズってこんなんだったっけ?」
と思ってしまいました。
以前は屋外ロケでドタバタしながら一喜一憂していたという印象が強かったんですがこれでは本当にどこが頭がいいのかを競ってるだけですよね。
わたしも今回の放送は見ててちょっと残念に思いました~

投稿: わ~☆ | 2008年9月 6日 (土) 00時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高校生クイズが終わって:

« 明日は高校生クイズ | トップページ | 山梨県の新駅舎巡りと新駅名標探しの旅 »