« 05月06日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 【書籍】“Metalize! Collection”新刊情報(2010/05/09版) »

2010年5月 8日 (土)

【資格】乙種第4類危険物取扱者試験合格しました!

本日、2度目の乙種第4類危険物取扱者試験を受けてきました。
前回は総合正解率は高かったのですが、性質消火分野で基準点に1点足りず不合格を喫しましたので、今回はリベンジマッチとなります。
今回も東京受験なので、今回も受験会場は笹塚です。

結果ですが、……無事合格しました
今回は即日発表でしたので、試験終了してから約40分後に合格番号の掲示がなされました(尚、正解率は後日送付される結果通知で判明する見通しです)。
今後、免状交付申請を行い、6月上旬には免状が手元に届くことになります。

前回はほとんどまともに勉強できなかったので、今回はちゃんと練習問題を解いて試験に臨みました。
参考書を一読して問題集をガリガリ解けば、問題なく受かると思います(当然、勉強不足だと落ちます)。

合格率は30%強とされていますが、試験時間の割には問題数も少なく(全35問/2時間)、また短期間でのリトライも可能なため、国家試験にしては難しくない試験のような気がします。
「合格率30%強の国家試験」といえば国内旅行業務取扱管理者試験もほぼ同等の合格率なのですが、国内旅行~の方がまだまだ難しい印象ですね。

法令分野は暗記事項がいくつかあるので、頻出事項を中心に押さえていけば常識判断と併せて切り抜けられます。
物理化学分野は中学までの理科の勉強が理解できれば問題ないレベルです(高校化学の内容もあるものの、文系人間でも問題なく理解可能な程度)。
性質消火分野は品名分類と水溶性の有無を押さえつつ、ガソリン・アルコール類・灯油・軽油・重油等の代表的な危険物の性質をきっちり覚えれば乗り切れます。

乙種第4類に合格したことにより他の乙種各類(第1類から第6類まであります)受験時には全35問中なんと25問分もの科目免除が発生(正確には免状交付後に科目免除が発生)するので、乙種全6類コンプリートへの道筋が自ずと開けてきます。
尚、乙種第4類以外は試験開催頻度が少ないですが、複数類の同時受験も可能なので、今後は戦略的に受験していく必要があります。
乙種各類を効率よく合格していけば、最上級となる甲種の受験資格も発生します(甲種受験のためには、3・5がそれぞれ必須+1・6のいずれか1類+2・4のいずれか1類、つまり最低でも計4類分の合格が必要)。
また、運転免許とは異なり、乙種第4類取得後も下級となる丙種の受験も可能ですので、いわゆる“フルビット”を目指すこともできます(因みに乙種第4類があれば丙種は全く不要)。

乙種全制覇も今後目指していきたいと思いますが、とりあえず免状が届いてから考えたいと思います。
次の資格試験は現状では10月まで予定なしですが、突発で何か試験を入れるかもしれません。

|

« 05月06日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 【書籍】“Metalize! Collection”新刊情報(2010/05/09版) »

学問・資格」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539715/48311843

この記事へのトラックバック一覧です: 【資格】乙種第4類危険物取扱者試験合格しました!:

« 05月06日のココロ日記(BlogPet) | トップページ | 【書籍】“Metalize! Collection”新刊情報(2010/05/09版) »