« 【書籍】“Metalize! Collection”新刊情報(2011/02/27版) | トップページ | 【書籍】“Metalize! Collection”2011年3月版 »

2011年3月13日 (日)

【大地震】生存報告

ご無沙汰しております。

ツイッター等では既に生存報告をしておりますが、こちらでも。
私、後藤めたるはひとまず無事です。
そして、甚大な被害に遭われた方につきましては、心よりお見舞い申し上げます。

地震当時は東京都千代田区内のお客様先にて業務電話中でした。
突然の大きい揺れに襲われながらも平静を装って電話していました(揺れながらも用件をメモしていた)が、半端な揺れではなかったので、切りの良いところで電話を切って頭をガード。
その後、何度か揺れが続いた後、揺れが落ち着いたところで荷物をまとめて地上へ。
この日は当然仕事にならないので、15時30分頃に業務終了&解散。

業務終了とは言うものの、市原市までの帰宅手段が完全に断たれているため、せめて千葉駅に帰れるようになるまでは職場に籠城することを決断。
ビルの廊下の壁に若干のひび割れはあるものの水道・電気・トイレ・飲料水・電話・インターネットが確保されており出入口もセキュリティが確保されている(深夜になるまではドアを開放していましたが)ので、職場が一番安全、という判断をしました。
最初は職場に戻った人は少なかったのですが交通アクセスもないことから、職場に戻る人も徐々に増えてきました。
そのうち、JRと京成の終日運休が決まり、当夜の職場宿泊が決定。
宿泊先が見つかったり交通手段が復旧した人はぼちぼち帰り始めて、最終的には私を含めて4名が職場で1泊。
1時間くらいは仮眠をとりました(と言うよりも1時間しか眠れなかった)が、それ以外の時間はワンセグ・ツイッター・ソライブを見ながら余震に備える、といった感じでした。

夜明け前にJR復旧の報道を受け、朝6:40に職場を出発。
宿泊者4名のうち、千葉方面に帰る3名で職場最寄り駅へ行ったものの、復旧にはまだまだ時間がかかるとのこと。
そこで、振替乗車票を頂いた後、少し離れているものの徒歩圏内の地下鉄駅へ移動し、東京メトロ東西線で西船橋へ向けて出発。
「総武線が運転再開していないため、JRとの接続はありません」という車掌アナウンスを超満員列車の中で聴きながら、京成線への乗り継ぎも考え始めます。

超満員のまま西船橋駅に到着するも、西船橋駅は多くの人で寿司詰め状態。
京成線への乗り換えを考え改札を出ようとしますが、それもままならず。
やっとのことで改札を出るものの、京成西船駅のある北口方面への道程はJRへの乗り換えを図る人の群れで阻まれます。
しかしながら、その中でJR運転再開の知らせが聞こえてきました。
そこで作戦を変更し、JRの改札へ向けて舵を切ることに。
運良く千葉駅行きの各駅停車に乗りこみ、千葉駅へ。

職場のメンバーとも別れながら、千葉駅にたどり着いた時には私ひとりになりました。
千葉駅から先は内房線に乗り換えるのですが、千葉駅到着時点では復旧の目処が全く立たず。
また、市原市五井海岸での石油会社火災の報道もあり、自宅最寄り駅である五井駅を経由するのは危険を伴うと思い、京成千原線での市原入りを選択(八幡宿行きのバスもありますが、相当の時間がかかると判断)。
ちはら台行きの電車にもすぐに乗れたため、徐行運転ながらも京成千葉駅を出発。

ちはら台駅到着後は徒歩での帰宅を考えていましたが、母が車で迎えに来てくれるということでちはら台駅近隣のショッピングモールで待ち合わせ。
物資の買い出しをした後、ようやく帰宅を果たしました。

自宅の被害状況ですが、ライフラインの寸断もなく概ね被害なしです。
但し、私の部屋が大問題。
2階にある部屋の状況を見ようと扉を開けようとすると、開かない……。
どう押しても開かない……。
というわけで、脚立を使って屋根の上に上がり、窓から部屋へ侵入(窓のカギは開いていた)。
とりあえず扉が開くように扉周りだけを片づけて、ひとまず放置。
扉を塞いでいたのは本ではなく、棚の高いところに放置されていたリコーダーでした(リコーダーが棚の背面と壁の間に挟まって、閂のようになってしまっていたのでした)。
しかしながら、相当な量の本が崩れてしまっているので、部屋の復旧にはかなりの時間がかかりそうです。

今回の地震では東北地方だけでなく千葉県内でも津波の被害も出ており、非常に数多くの地域で甚大な被害が発生し、そして数多くの命が失われています。
特に被害が大きかった三陸海岸は2008年夏に旅をした地域でもあり、被害が甚大だったいくつかの地域を歩いています。
あの時歩いた街の数々が失われてしまったことは非常に残念であり無念です。
しかしながら、生きている我々にはこれらの街を復興させる使命があると思います。
まずは安否不明の方々が一人でも多く生存していることを祈りつつ、できることをひとつずつ実行していきたいと思います。

見せようぜ!日本の底力を!

|

« 【書籍】“Metalize! Collection”新刊情報(2011/02/27版) | トップページ | 【書籍】“Metalize! Collection”2011年3月版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/539715/51110590

この記事へのトラックバック一覧です: 【大地震】生存報告:

« 【書籍】“Metalize! Collection”新刊情報(2011/02/27版) | トップページ | 【書籍】“Metalize! Collection”2011年3月版 »