グルメ・クッキング

2010年2月 9日 (火)

【Mc】テキサス→ニューヨーク

と書くと、「今世紀最後!! 史上最大! アメリカ横断ウルトラクイズ」の準々決勝から準決勝へのルート展開みたいですね(笑)。
しかし、内容はツインレークスな感じですが(分かる人だけ分かってください(笑))。

マクドナルドにてニューヨークバーガーを食べてみました。
前に発売されていたテキサスバーガーが結構おいしかったので期待していたのですが、ニューヨークバーガーはトマトが挟まっているんですよね……。

実はワタクシ、トマトが大の苦手なのです。
独特の苦みと言いますか、エグさと言いますか、味も食感も口に合わないのです。
しかし、「かざす会員証」のスタンプを集めるためには、このトマトの壁を越えなければいけない!

包み紙を開いていきますと、やはりトマトの姿が目に入ります。
時間も限られていますので、意を決してパクリ!
……ん?
意外とトマトの味がしないぞ?
……うん、これなら食べられる!

というわけで、何とか完食できました。
テキサスに比べると野菜が多い印象ですね。
トマトもそうですが、レタスの量も多いですので、さながら「クォーターパウンダーBLT」といった感じです。
粒マスタードソースの味が強いので、結果としてトマトの味を上手くかき消しているようで、トマト嫌いの僕でも問題なく食べられました。

……ただ、もう1回食べるのは嫌ですね。
トマトのスリルと隣り合わせなのは、しばらくは勘弁です(笑)。

ちなみに、「しばらく」と言っている理由は、今月下旬から登場予定のカリフォルニアバーガーにもトマトが挟まっているためです。
何でハンバーガーにトマトなんて挟むんだか……。
まあ、“トマト戦争”だと思って頑張るしかないですね(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月17日 (日)

【18きっぷ旅】「らーめんべほまずん」に行ってみました

本日は今シーズン最後の18きっぷ旅に行ってきました。
久々に総武本線中心の旅にしてみました。
飯倉・旭・飯岡・倉橋・銚子で下車しています(予定だと猿田でも下車するはずでしたが、電車遅延の影響で断念しました)。

今回の目玉は「らーめんべほまずん」です。
名前が非常にアレですので、是非一度訪問したいと思っていました。
らーめんべほまずん全景
らーめんべほまずん看板

変わったメニューがあるかと思いきや、至って普通のラーメン屋さんでした。
つけ麺がメインのようでしたが、「特製醤油らーめんこってり」(900円)を頂いてみました。
魚介類のだしが効いていて、さらにトッピングの岩海苔も上手く絡んで、なかなかに濃い味でした。
特製醤油らーめんこってり

「らーめんべほまずん」へは旭駅から徒歩10分程度で行くことができます。
国道126号線沿いにありますので、車での訪問も比較的簡単です。

これで、今冬の18きっぷ旅は無事完了。
今シーズンの18きっぷ旅の行程表は全て整理してから載せることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

【LittleTGV】2009/11/13ダイヤ改正

というわけで、鉄道居酒屋LittleTGVでダイヤ改正=メニュー改定が本日ありましたので、早速行ってきました。

新メニューに関してはちゃんとメモってこなかったのですが、メニューレイアウトは地下鉄を思わせるような複雑な路線図風に仕上がっていましたね。
「もつ煮込み」「お茶漬け」「ベーコンポテト」「NAER線ホットケーキ」「ほっけの塩焼き」のほか、デザートやお漬物、サラダも改定が加えられています。
飲み物もハイボール等が追加になったほか、ランチ時間帯のみの提供だったコーヒーや紅茶が居酒屋メニューにも登場するようになりました。

後藤は「もつ煮込み」「SL風!?NAER茶漬け」「ベーコンポテト」「ホットケーキ」を食べてみました。
中でも「もつ煮込み」はコクがあってとても美味しいですね。
寒い季節にピッタリな、身体が暖まるメニューだと思います。

あと、「NAER線ホットケーキ」は今までになかったタイプのグループ客向けメニュー
皿には6個の一口サイズのホットケーキがあり、うち1個は“アタリ”と称した激辛ケーキが混ざっているという、なかなか楽しい仕組みになっています(笑)。
みんなで順番に食べて楽しむもよし、運だめしに一人で食べてみるもよし(笑)。
僕は……一人で食べて4個目で当たりました(笑)。

お酒が飲めなくてもソフトドリンクも充実していますし(事実、後藤はお酒NGです)料理もおいしいので、秋葉原界隈にお越しの際は是非是非。
後藤も1~2週間に1回は顔を出しています。
“どこかの妖精さん”のようにメロンソーダばかり飲んでいる客がいたら、それはもしかすると僕かもしれません(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)